ピルと名前とマナーについて

ピルは、避妊を行うための薬であるものです。

また一方で、月経困難症という女性のためにある薬でもあります。

なぜ、女性のための薬なのか?というと、月経困難症は女性が苦しむ生理痛の酷い状態、月経困難症と診断された女性の体調などをととのえ、生理痛の酷い痛みを改善するためのものだからです。

ピルには、上記のようにこのような一面もあります。

月経困難症と、診断された場合には、まず、看護師さんや産婦人科の先生から、ピルの使用方法、飲み方、管理の仕方、など、また名前などをしっかりと管理する上で、記入するように言われます。

これは例えば、ご家族の姉妹で同じこの月経困難症でピルを処方されている方がいる場合や、病院での診察などの時に、名前がないと、万が一の際に、トラブルになってしまうからです。

たとえば、家族で使っている場合、名前が書かれていなかったため、別の姉妹のピルを飲んでしまい、体調がおかしくなってしまった、というようなことを防ぐために、必要となります。

また、性交渉を行う上で、ピルを使用する場合には、女性側のマナーとしてもピルはとても大切です。

男性が性交渉を行う上で、避妊のための道具を使うのと同じように、妊娠を女性が望んでいない、そのような場合には、マナーとして、ピルを服用することが大切となっています。

これは、例えば、水商売やキャバクラで働く女性が、多くの男性と性交渉を行った結果、望まない妊娠をしてしまい、赤ちゃんを殺すことになってしまう事態が発生しているからです。

その場合に、命を大切にする、そのような意味でもマナーが大切であるとされています。

赤ちゃんを殺す行為は、道徳的にもとても批判される行いであるからです。